Webleaf

トップ  >  Webleaf  >  箕島七〇年史  >  箕島七〇年史 大正・昭和 写真展

箕島七〇年史 大正・昭和 写真展

箕島七〇年史 大正・昭和 写真展(提供:箕島懐旧会)

箕島駅開通した大正13年頃から昭和54年頃の台1回全国高校野球選手権大会の優勝までの情景をご覧いただけます。
箕島懐旧会様より写真提供いただきました。心より御礼申し上げます。

こちらよりご入場下さい

※ 機種によっては読み込みに時間が掛かる場合があります。画面内の画像が読み込まれてから操作を行ってください。

スマートフォンでもご覧頂けます。
終了の際は、ギャラリー内にある「Back to Webleaf」のリンクを選択して下さい。

「有田市の歴史」

  • 806年(大同元年) 浄妙寺創建。(本堂・多宝塔は国の重要文化財に指定されています)
  • 1924年(大正13年)2月28日 国鉄紀勢西線の終着駅として箕島駅開業。
  • 1925年(大正14年)12月11日 国鉄紀勢西線の終着駅として紀伊宮原駅開業。
  • 1938年(昭和13年)12月15日 国鉄紀勢西線の下津駅 - 箕島駅間に初島駅開業。
  • 1954年(昭和29年)9月19日 有田郡箕島町・保田村・宮原村・糸我村が合併し、有田町となる。
  • 1956年(昭和31年)5月1日 有田町が単独市制施行し、有田市となる。
  • 1962年(昭和37年)8月1日 海草郡初島町を編入。
  • 引用元 Wikipedia

婚活がもっと楽しくなる!であえるありだ有田市婚活支援事業

認知症について学ぶオレンジケア

おでかけスポット 公園文化施設

ウェブリーフ YOUTUBEチャンネルにて『箕島七〇年史』の動画版を配信中!