Webleaf

トップ  >  Webleaf  >  箕島七〇年史  >  バレンタイン竹燈夜 フォトレポート 岩出市緑化センター

バレンタイン竹燈夜 フォトレポート 岩出市緑化センター

バレンタイン竹燈夜フォトレポート(主催:笑de会)

岩出市 緑化センターで開催された竹灯籠による光の祭典『バレンタイン竹燈夜(たけとうや)』をご覧頂けます。
岩出市初の竹燈夜、緑化センター初の夜間営業という記念すべき第1回の催しです。
開催日:2015年2月14日

公式サイト

こちらよりご入場下さい

※ 機種によっては読み込みに時間が掛かる場合があります。
画面内の画像が読み込まれてから操作を行ってください。

Youtubeに動画版を公開いたしました(2015.2.18)
(動画版)http://youtu.be/XOc5bgJS3iE

スマートフォンでもご覧頂けます。
終了の際は、ギャラリー内にある「Back to Webleaf」のリンクを選択して下さい。

灯籠(とうろう)とは?

 元は文字通り、灯(あかり)籠(かご)であり、あかりの火が風などで消えないように木枠と紙などで囲いをしたものである。木枠で小型のものは神棚などで用いられる。また、寺院の庭園など屋外には堅牢な石灯籠や金属灯籠(銅灯籠など)が設けられる。吊下型の吊下灯籠もある。

 灯籠は仏教の伝来とともに渡来し、寺院建設が盛んになった奈良時代から多く作られるようになり、多くは僧侶が用いたとされる。平安時代に至ると、神社の献灯としても用いられるようになる。その後室内で用いるものは行灯(あんどん)、折りたたみ式で携帯も可能なものは提灯と分化した。灯籠と言った場合、神社仏閣や旧街道などに多く存在する屋外の固定式を指すことが多い。また仏具としての室内用の灯籠(置灯籠・釣灯籠)や祭礼用などで移動可能なものもある(青森のねぷた祭り、熊本の山鹿灯籠など)。近代以前は港に設置され灯台(常夜灯)としても使用された。

 光源としては、油やろうそくが用いられた。現代では電気やプロパンガスによるものもある。日本庭園における石灯籠のように実用ではなく装飾目的になっているものもある。(Wikipedia)

婚活がもっと楽しくなる!であえるありだ有田市婚活支援事業

認知症について学ぶオレンジケア

おでかけスポット 公園文化施設

ウェブリーフ YOUTUBEチャンネルにて『箕島七〇年史』の動画版を配信中!