Webleaf
leaflog リーフログ

有田川町 地域ケア研修会 地域づくりフォーラム2017 レポート

有田川町の目指す地域づくりを笑って歌って真面目に考える

 平成29年4月6日、有田川町金屋文化保健センタ-にて、有田川町地域ケア研修会「地域づくりフォーラム2017」が開催された。

 フォーラムは有田川町 山崎博司副町長の挨拶にはじまり、「介護保険料の現状とこれからについて」の問題を工夫を凝らした様々なカタチで地元住民に伝えてくれた。中でも地元のボランティアらが協力し合って企画した「地域づくり新喜劇」は好評を博し、会場を大いに賑わせていた。最後は、私立コスモス保育園の園児をはじめとした春休み合唱ボランティアの子どもたちが「ありだがとうの花」を歌って無事閉幕となった。

 

2017.04.07 Webleaf

完全非公開型 医療介護専用SNS メディカルケアステーション(MCS)の使い方説明会 有田地方介護連携の会

LINEに変わる完全非公開型 医療介護専用SNS

 昨今、連絡手段としてもっとも普及しているスマートフォンアプリのLINE。韓国最大のネットワークシステム会社NAVER社の日本法人LINE株式会社(旧ハンゲームジャパン株式会社)が国内向けに開発したアプリです。手軽に連絡が取れて便利ですが、個人情報の懸念や複数デバイスに対する融通性のなさ等、ビジネスで使うには不安視される部分も多く存在します。そこで有田地方介護連携の会では、介護医療専用に特化することで無料かつ利便性の高いSNSであるメディカルケアステーションに注目し、講師を招いての研修会を催しました。

 

2017.03.12 Webleaf

ふくしまるごとプロジェクト 有田川町家庭支援総合センター

地域共生社会の実現にむけて

 厚生労働省が提唱する「すべての人々が地域、暮らし、生きがいを共に創り高め合う地域共生社会」を実現するため平成28年度から実施されている多機関の協働による包括的支援体制構築事業。近畿地方では豊中市と有田川町の2カ所が先行して実施しており、和歌山県では有田川町が初の事業となることで注目を浴びている。

 今回その事業の一環として、桃山学院大学教授 松端(まつのはな)克文 氏、社会福祉法人 一麦会 理事 柏木克之 氏、和泉市コミュニティーソーシャルワーカーを招いての講演会が有田川町コスモス作業所会議室にて行われた。

 

2017.03.08 Webleaf


認知症について学ぶオレンジケア

おでかけスポット 公園文化施設

ウェブリーフ YOUTUBEチャンネルにて『箕島七〇年史』の動画版を配信中!